加齢臭はノネナールが生成されることによって引き起こされる

加齢臭はノネナールが生成されることによって引き起こされる

中高年に差し掛かると男女ともに発生する問題が加齢臭です。

 

自分ではなかなか気づかず、他人に指摘されて初めて気がつくことも珍しくありません。加齢臭の原因となるのはノネナールという物質です。

 

このノネナールという物質は若いころには全く存在していないものなのですが、40を過ぎたぐらいから作り出されてしまいます。

 

皮脂腺の中にあるパルミトオレイン酸という成分と脂肪酸と過酸化脂質という3つの成分が結びつくことによってノネナールは作り出されます。

 

ノネナールは作り出すのに皮脂腺の働きが不可欠となりますので、皮脂腺の働きが活発である男性の方が女性よりも加齢臭に悩まされることが多いのですが、勿論女性だからといって加齢臭に悩まされないというわけではありません。

 

いずれ誰もが気にすることになる加齢臭ですが、3つの成分が結びつかなければノネナールは生成されませんので、加齢臭対策の石鹸などを使うだけでも大幅に改善することが出来るのです。


このページの先頭へ戻る