加齢臭の原因となるストレスは避ける

加齢臭の原因となるストレスは避ける

中高年になってくると悩みの種にもなってくる加齢臭というものは、対策する方法もあります。 まず、加齢臭の原因になってしまうのはストレスも原因になってしまいます。ストレスをためてしまうことによって、多汗症になって汗をかく量が多くなってしまったり、生理機能の低下が著しくなったりすることもあり、皮脂の分泌も多くなってきてしまいます。 そのため、体臭がする原因を増やすことになってしまうのですが、ストレスもためないことが対策になってくれることにもなってきます。 ストレスをためることで活性酵素を増やしてしまうことにもなってしまうのですが、これで加齢臭もしやすくなってしまうし、健康にもよくなかったりするのです。 この活性酵素を増やさないためにも刺激物の強い香辛料やアルコールやタバコなどを避けることも重要なことにもなってきますが、タバコは吸い続けると雑菌の増殖にもなるし、体臭が目立ちやすくなるので避けることがもっともです。

このページの先頭へ戻る