加齢臭という言葉をご存知でしょうか

加齢臭という言葉をご存知でしょうか。

加齢臭とは、主に50歳代以上の男女に見られる特有の体臭の俗称です。

 

30代から40代にみられるおやじ臭と混同されますが、実際には全く異なるものなのです。高齢者の体臭の原因のひとつがノネナールであることを知っていますか。この体臭成分は青臭さと脂臭さを併せ持ちます。

 

加齢臭は男性のみの体臭との誤解も多いですが、女性にも同じ症状が現れるのです。男性は主に50歳代以降、女性では主に閉経後に増加傾向が見られます。

 

加齢と共に増加し、ノネナール発生の原因となる物質のひとつは、ヘキサデセン酸といいます。喫煙者の場合、非喫煙者に比べて悪臭が強くなる傾向がありますが、このメカニズムについては解明されていません。

 

ノネナールの抑制には、ノネナールの器質となるアルコールフェノール類、アルデヒド類、脂肪酸を減少させることが重要になります。

 

ヘキサデセン酸の分解の抑制には酸化還元剤と抗菌剤が有効であると言われています。加齢臭自体は身体を清潔に保つことに加え、機能性香料、またはミョウバン溶液である程度、抑えることが出来ます。

 


このページの先頭へ戻る